蛍光灯・電球・ハロゲンランプの激安販売 アカリセンター
蛍光灯・電球・ハロゲンランプの激安販売 アカリセンター
白熱電球LED電球ハロゲンランプ一般直管蛍光灯特殊直管蛍光灯円形蛍光灯・サークライン電球型蛍光灯コンパクト蛍光ランプ水銀灯・高圧ナトリウムランプLEDライト・懐中電灯
植物育成・水耕栽培直管蛍光灯器具クリップライトスポットライト投光器・作業灯・防犯灯回転灯・表示灯・積層回転灯舞台照明・演出照明・ミラーボールスタンド特殊電球・撮影機材電設資材その他

アカリセンター美術協力:映画「三度目の殺人」

トップページ > 電球豆知識 > タイアップ > アカリセンター美術協力:映画「三度目の殺人」

アカリセンターは、映画「三度目の殺人」に美術協力しております。

■ 公演概要
作品名 是枝監督作品「三度目の殺人」
製作 フジテレビジョン/アミューズ/ギャガ
配給 東宝/ギャガ
公開日 2017年9月9日(土)東宝系全国ロードショー
スタッフ <監督・脚本・編集>是枝裕和
出演 福山雅治 役所広司 広瀬すず 満島真之介 市川実日子
松岡依都美 橋爪功 斉藤由貴 吉田鋼太郎
あらすじ 「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、重盛は面会を重ねるたびに、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。是枝監督作には初参加となる役所広司が殺人犯・三隅役で福山と初共演を果たし、「海街diary」の広瀬すずが物語の鍵を握る被害者の娘役を演じる。
(C)2017 フジテレビジョン/アミューズ/ギャガ